2020/06/07 19:02

< ウニテレシピ >

ウニテでも一年を通して人気の茶葉、HATVALA「レッドバッファローウーロンティー」を使ったウーロン茶ゼリー。
この烏龍茶は、淹れた時にハニーのような甘い香りと、チョコレートやモルト感のある味わいのある、とてもめずらしい烏龍茶です。高発酵の烏龍茶なので、紅茶のような風味も持ち合わせています。

もともと焼菓子との相性が抜群の茶葉ですが、ゼリーにしたら茶葉がもつ甘みがそのままゼリーに凝縮されて美味しいのでは…と思い作ったところ、とても美味しかった(そして簡単!)ので、レシピを紹介します◎

茶葉の風味を生かすため、ウーロンゼリー自体には甘みを加えず、最後にシロップ(白蜜)をかけるスタイルです。
風味豊かなのにさっぱりした味わい。(そして何より低カロリー!)

材料もスーパーで簡単に手に入るものだけを使っています。
とても簡単なのでぜひおうちで作ってみてくださいね。

-------------------------------------------

【レッドウーロンゼリー】

▼材 料(2人分)

<ゼリー>
・レッドバッファローウーロンティー 茶葉9g (写真1)
・熱湯 300ml
・粉ゼラチン1袋(5g)
<白蜜>
・グラニュー糖 小さじ1
・水 25ml
(※砂糖:水=1:5 を小鍋に入れて弱火にかけてつくります)

▼作り方(2人分)
① 茶葉に沸騰したお湯を注ぎ3分蒸らす (写真2)
② ゼラチン粉を抽出した烏龍茶を250ml入れ溶かしバット等に流し込む
③ 冷蔵庫で1時間以上冷やす
④ カップにゼリーを入れ、白蜜をかけて完成

ゼラチンの溶かし方は、
使用するゼラチン粉のマニュアルもご参考ください。
抽出した烏龍茶の温度がゼラチン粉が溶ける既定の温度を下回る場合には電子レンジで再加熱してみてください。

※白蜜は砂糖の分量をあえて抑えめにし、
その分完成したゼリーがひたひたになるくらいかけて食べるのがおすすめです。
(レシピにある白蜜はかなり甘さ控えめです)

Instructions for Red Oolong Jelly for two

Sugar free Jelly
Red Buffalo Oolong Tea  9g   [Fig.1]
Boiling water 300ml
Gelatine powder 5g

Water syrup
Granulated sugar 1 tea spoon
Water 30ml
Cook the sugar and the water on low heat

1. Add 300ml of freshly  boiled water to 9g of Red Buffalo Oolong Tea in your tea server.  [Fig.2] Allow the 9g of Red Buffalo Oolong Tea to brew for 3 min.
2. Pour the brewed tea in a bowl, add gelatine powder and dissolve.
3. Cool in the fridge for over an hour.
4. Arrange on serving cups. Pour the syrup.

In case of the gelatine did not dissolve we need to re reheat up brewed oolong tea a little with microwave oven.


写真1


写真2

=========
使った茶葉 
レッドバッファローウーロンティー/Red Buffalo Oolong Tea>

クリーミーな質感の赤い半発酵茶。甘い香りと余韻が楽しめます。
HATVALAのロングセラー。輝きのある琥珀色の半発酵茶(烏龍茶)です。クリーミーで滑らかな質感と、麦芽やチョコレートをほのかに感じる甘いハニーのような味わいが楽しめる半発酵の烏龍茶で、紅茶のような風味も持ちあわせています。最高品質を生み出す農園の一つであるベトナム北部ソンラ省で育った茶葉を使って作られています。焼菓子とのペアリングもおすすめです。

茶葉の詳細はこちら ↓ (写真をクリックしてご覧ください)



ウニテオンラインストアは茶葉の全国発送を行っております。
ご質問などありましたら、問い合わせもしくはチャットよりご連絡ください。

阪急オンラインで開催中の「ワールドティーフェスティバルでも、
レッドバッファローウーロンティーのBOXタイプをお求めいただけます(6/23まで!)

————————————————
unithé(#ウニテ)
SINGLE ORIGIN TEA AND TOOLS
————————————————